日本語と韓国語は似てる!?

日本語と韓国語は、
「発音が似ている」とか、「文法が同じ」とかよく言いますよね。

厳密に言うと、
日本語には無い発音(またはその逆も)、
文法は一緒ではなく「ほぼ」一緒っていう感じです。

いやいや、
それはわかってるけど1番の問題は「文字が読めない」ってとこ!
こんな声が聞こえてきます~

はい、私もそうだと思います!

何ですかね、
あのハングルの記号みたいな文字は!!
あれが文字なの?
なんかの謎解きじゃないの?

わかりますT T
とってもわかります。

文字から覚えるって、
普通だったら
今までやってきたことが無いですよね。

英語は、
日常的にありふれているし
義務教育で嫌なほど覚えさせられたので
アルファベットは自然と覚えられました。

アルファベットさえ覚えておけば、
ヨーロッパのほうの言語だって
何となーく読むことができますもんね。

中国語だって、
見慣れない漢字はあるにしても、
漢字だから、何となく予想ができます。

だけど、ハングルって・・・
アラビア語よりは簡単かもしれないけれど
覚えるのは大変!

ですが、
ハングルってある規則を覚えれば
すぐに読めるようになるんです。
漢字や平仮名より覚えるのがラクかもしれないです。

なぜかと言うと。。。
漢字は、モノの形からできていますよね!
金八先生がいうように。

「人と言う字は、1人の人と・・・・(以下割愛。)」

ひらがなも、全て形が違いますよね。
何も共通点がありません。

一方、ハングルは
母音と子音が組み合わさって出来ているのです!
だから、共通点があり、非常に覚えやすいです。

こうしてみると、わかりやすいかも。

ひらがなの1段目を見てみましょう!
「あ か さ た な は ま や ら わ」ですよね。

では、この「あかさたな・・・・」をハングルで表記してみます。

아(あ) 가(か)사(さ) 다(た) 나(な) 하(は) 마(ま) 야(や) 라(ら) 와(わ)

どうでしょう?
どこか共通点がありますよね。

注目すべきは左側!

야(や)だけ、ちょっと違いますが、
あとはみんな左側が「ㅏ」ですよね。

なぜかというと、「あかさたな・・・」の母音は全て「あ」ですよね。
ローマ字にするとよくわかります。「a ka sa ta na・・・」

ハングルの右側or下側にある文字は、母音の音を表しているのです。
左側は子音です。

子音→가←母音

子音



母音

「その文字は、このように発音すれば良いですよ」というのが
全て決まっているのです。

なんて便利な文字!

ちなみに、
このハングルを作ったのは
世宗大王(せじょんだいおう)。

世宗大王

ハングルで表記すると세종대왕(セジョンデワン)。

聞いたことはありますか?

この方のお話は、映画になっています。
ドラマ・映画好きの方はぜひ見てみてください^^

このセジョン大王は、
とっても良い人で、
一般の人達も理解できて読み書きできる文字を作ろうと
頭の良い人たちをあつめて
ハングルを考え出したそうです!

素晴らしいですねー。

韓国では、10月6日はハングルの日で
お休みです。
(つい最近から、休日になったそうですが)

ということで、
一般庶民向けに作られた文字です。
覚えられないはずが無い!と
私はそう思いました(笑)

日本人に学びやすい言語を
学習することで
何か新しい発見があるかもしれません。

私は、大の英語嫌いでした。
TOEICのスコアも
恥ずかしくて言えないです。
本当に酷かったので・・・。

ですが、韓国語を勉強し始めてから
スコアが250点ほど一気に上がったのです!!

その秘密はやっぱり
語学勉強が楽しくなったからですね。

韓国語と一緒に、
ついでに英語も一緒に勉強をしていたら
いつの間にかアップしていたのです!

要領が悪く、記憶力がない私なのですが、
自然と語学勉強のコツを掴めたのかもしれません。

そういえば、
さんまさんが出てる番組で、
専門家の方が、

「語学勉強は一気に沢山の語学を学んだほうが良い」

とおっしゃっていた記憶があります。
理由は忘れてしまったのですが・・・(^_^;)ごめんなさい。

てことで、
もし語学勉強をしたい!
しているけど挫折している・・・という方は、
韓国語を勉強してみると良いかもしれません。

簡単なことから始めるって
結構良いですよね。